« Ma.k. Groβer Hund 製作レポート Vol.1 | トップページ

2013年8月16日 (金)

Hungarian 40/43M Zrinyi 2 製作レポート Vol.1

こんにちはhappy01

 Bronco Modelsのズリィーニィー2を作る事にしましたshine

 去年購入したモノですが、やっと作る気になってきましたup

Img_1630  Broncoのキットをつくるのは、これが初めてfujiであります。

 どんな感じなのでしょうか・・・、

Img_1623 まずは砲架の組み立てです。

繊細なパーツ構成ですが、説明書が解りづらいcoldsweats02です。それと、

あまり良い接着方法とは思えないcloud「イモ着け」の箇所もちらほら・・・down

 プラスティックの材質も柔らかめなので,仮組みにピットマルチ2を使って、

接着位置を確認してから、組んでいきますconfident

 砲身は、キットのパーツでも問題ないgoodですが、

Lion Marc Model Designs の金属製のモノに交換しましたtulip

 続いて、足回りを・・・

Img_1629  かなりパーツが多いcoldsweats02です。写真の他にもうちょっとあります。

D社の4号戦車を凌ぐ破壊力bombですcrying。この辺はもう少しまとめて成型したほうが、

パーツの整合性も向上すると思うのですが、「可動が売り」でもあるので、

仕方ないかもcoldsweats01

Img_1627 一組作ってみました。けっこう時間が掛かりますhappy02

リーフ・スプリングは未だ固定していません。塗装するにも悩ましい形状typhoonなんで、

車体下部に組み込む前に塗装artしたほうが良さそうですね。

 と、現状こんな感じであります。上部転輪だけでも60パーツぐらいありますので、

なかなか手強いですpunchが、頑張りたいと思いますspa

では、またpaper

 

 

|

« Ma.k. Groβer Hund 製作レポート Vol.1 | トップページ

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ma.k. Groβer Hund 製作レポート Vol.1 | トップページ