« 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.5 | トップページ | HAPPY NEW YEAR 2013 »

2012年11月 2日 (金)

四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.6 完成

こんにちはhappy01

四式中戦車も最後の仕上げに入りますeyeart

Img_1562  履帯は、キットの軟質ベルト式のパーツです。

 下地にタミヤ・アクリル塗料のNATOブラックを、

 クレオスのラッカー薄め液で希釈したものを筆塗りします。

その後、MIG Productionsのピグメント、TrackBrownをタミヤ・アクリル溶剤で

溶いたものを奥まった所や、直接接地しない箇所に、

墨入れの様に塗ります。乾燥後に土埃のEurope Dustなんかを隙間に塗り付け、

乾燥後にタミヤ・エナメルのチタンシルバーでドライブラシshineを施して終了ですcoldsweats01

 鋳物の削られた表面はクロームシルバーの様な輝きじゃありません。

ちょっとくすんでいますcloud。チタンシルバーは粒子が若干荒いdownので、

クロームシルバーを調色するのをお勧めしますbleah

Img_1580  車体下部にもEurope DustやBrick Dustのピグメントを

塗ってみました。あんまりハードな汚しは得意じゃないんでcoldsweats01

こんな感じで完成fujiです!!

Img_1585  あと、車体上面の土埃表現として、油彩(502 Abteilung)の

 Basic Earthを、ペトロールで希釈したもので、

車体の隅を中心に控え目にぬっています。

Img_1582  車体後部はこんな感じです。

Img_1574 最後に背景をケント紙に変えたもので、一枚camera

 約1ヶ月掛かりましたが、なんとか完成しました。

詰めが甘いpunch点もありますが、その辺は今後の課題にしてがんばりますconfident

 次回は、行きつけの模型屋さんの年末のお題に取り掛かろうかと思います。

最近、模型仲間のみんなが飛行機airplane作ってるんで、飛行機もいいなぁ〜と

思いつつ、何にしようか考案中typhoonです。

 では、またpaper

|

« 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.5 | トップページ | HAPPY NEW YEAR 2013 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

みずのさん、こんにちは!

しばらく見ないうちに完成していたんですね…

四式中戦車は強そうでカッコイイですね。


ちなみにタミヤのアクリルってラッカー溶剤で希釈して

も大丈夫なんですね…ラッカーで希釈するとメリットと

か有るんですか?(乾燥が早いとか…?)

投稿: トツカ | 2012年11月10日 (土) 15時26分

トツカさん、こんにちは。なんとか完成する事ができました。
ラッカー溶剤を混ぜると、
ラッカー系塗料に変身します!!まれに相性の合わない色も
あるようですが、AFVに使う様な色では大丈夫そうです。
 食いつきや塗り重ねで困る様な時にお勧めです。

投稿: みずの | 2012年11月11日 (日) 18時09分

え~っ! 

アクリル塗料がラッカー塗料に変身するんですかっ?!

今度試してみます、ありがとうございます!!

投稿: トツカ | 2012年11月12日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.5 | トップページ | HAPPY NEW YEAR 2013 »