« 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.3 | トップページ | 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.5 »

2012年10月 8日 (月)

四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.4

こんにちはhappy01

 最近ちょっと涼しくなって来てsun、模型には良い季節になって来ましたねgood

昨日は、F1日本GPで、小林可夢偉選手が見事3位sign03 おめでとうございますfuji

 今年のザウバーのマシンcarのプラモデル、期待したいですlovely

 四式中戦車は、クレオスのスーパークリアーつや消し(缶スプレー)を

吹き付けて、塗膜とデカールを保護します。Img_1531 つや消しを吹くと、

これがまた少し白っぽくなりますcoldsweats01

そこで、いつもの”うなぎのタレ”ウォッシング”を墨入れを兼ねておこないます。

Img_1533_2
 以前使ってたモノは”エナメル臭”がキツくなっていたbombので、

 新しく作りましたnew。と言っても、2色をそのまま

瓶に入れるだけですが・・・coldsweats01

Img_1535  まずは車体下部と転輪からです。この写真は

フラッシュthunderONにて撮っているので、感じが良く解るじゃないかと

思いますconfident。フィルター効果も少しあるので、

明るく基本色を塗ったのが、落ち着きます。

Img_1538

 その後、車体後部の上面も塗ってみましたart

 だいぶそれらしくなって来ましたhappy01

この戦車は、ドイツのパンター戦車の様に平面が多いので、

 上手く間を持たせないと、のっぺりannoyとした感じになってしまいそうで、

なかなか難しいですhappy02。作業の途中で、F1のTVtvも見ていたんで、

今回は,ここまでです。と言っても、エナメルのウォッシングは途中でやめると、

後で発色や艶加減が変わる事があるdownんで、

残りも早めに作業したいです。

 では、またpaper

|

« 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.3 | トップページ | 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.5 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.3 | トップページ | 四式中戦車(TYPE4 "CHI-TO") 製作レポート Vol.5 »