« MODELLING CAMP!! | トップページ | Ma.K. ファルケ 製作レポート Vol.4 »

2010年5月24日 (月)

JAGD PANTHER LateProduction 製作レポート Vol.1

こんばんはhappy01

プラモ合宿以来の更新です。

 サイバーホビー1/35のJAGD PANTHER Late Production  の製作に

スロー・ペースsnailながら取り掛かりましたcoldsweats01

久しぶりに簡単なディテール・アップ工作もしながら、

進めて行きたいと思っています。

Img_1382  まずは防盾から・・・

タミヤ・パテを溶いたもので、鋳造表現を追加します。

 キットのままでも十分なディテールなので、この辺は

個人的な好みtulipになってしまいますね。少し基本形状も

実車写真を見ながら、カッターで削り込んでいます。

 砲身を組み立てる際には、根元にマスキング・テープを巻き付けてから

接着すると、防盾と砲身の隙間sign04を簡単に一定に保つ事が出来ますflair

 後でマスキング・テープは、意外にも簡単にはがす事が出来ます。

Img_1383 続いて車体後部は排気管の鋳造表現と、牽引具に

チェーンを追加してみました。チェーンは少々オーバー・サイズ気味dash

気もしますが、手持ちのTiger model DesignsのExtra Fine Chainを使っています。

Img_1384  戦闘室上部は、ベンチレーターが防盾の直後にある、

19944年11月〜12月のMNH製車両のパーツを使用する事にしましたconfident

このキットのボーナス・パーツnotesじゃないでしょうか?

 車長用回転式視察装置eyeの側面に,

実車には鋳造ナンバーがモールドされています。キットでは金型の都合で省略annoy

されているので、余ったランナーの部品番号を使って再現します。

 今回は日東のS.F.3Dのキットのランナーを使用しました。文字の大きさが良いです。

Img_1388  アバディーン戦車博物館の車輌も同じタイプで、番号が709なので、

良く似た数字にしておきましたbleah。また、防盾同様にタミヤパテにて鋳造表現を

追加しました。ハッチ裏面の手すりは破損防止dangerの為に真鍮線に交換しています。

Img_1387 と、こんな感じで組み立てておりますcoldsweats01

製作順序もバラバラpunchですが、この後に装甲板の溶接跡やら

車体の接着なんかに進んで行く予定です。

 明日もrainで、塗装作業は難しそうなんで、続きを頑張りたいです。

では、またpaper

|

« MODELLING CAMP!! | トップページ | Ma.K. ファルケ 製作レポート Vol.4 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

みずのさんこんばんは。
ハッチ裏の取っ手とか工作もいつもながら丁寧ですね。
砲身の接着でマスキングテープを使う方法は知りませんでした。勉強になりました。確かにあれなら中心で接着できますよね。んで、今まであの部分に隙間があるのは設計の何かの間違いと思っていた自分が情けなくなってきました^^;完成楽しみにしています。

投稿: hiroz | 2010年5月25日 (火) 00時38分

hirozさん,こんばんは。コメントありがとうございます。
 平面が多いので、ちょっとディテールを・・・とやり始めたら(爆)。
まぁ、これも模型の楽しみですが(笑)、完成が遠くならない様に
がんばりますね。今日も雨、塗装したいです!!

投稿: みずの | 2010年5月25日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MODELLING CAMP!! | トップページ | Ma.K. ファルケ 製作レポート Vol.4 »