« P-40 E ウォーホーク 製作レポート Vol. 6 | トップページ | F-84G  サンダージェット 製作レポート Vol.1 »

2010年2月28日 (日)

P-40 E ウォーホーク 製作レポート Vol. 7 完成

こんにちはhappy01

 早くも2月も今日で終わりannoy

なんとか今年の初ネタdogも完成ですsign03

Img_1322  デカール乾燥後、ガイアのEXフラット・クリアーを

吹き付け、(ビミョウに艶が欲しかったので、リターダーを少し加えました。)

いつもの「ウナギのタレ塗料」で墨入れ&ウオッシングです。

飛行機に戦車、何にでも使うところが「み式塗装法」ですcoldsweats01

Img_1323  機体下面の様子です。

もともと明るめに塗っているので、ちょうどいい感じになって来ましたlovely

Img_1328  主脚には0.3mmのソフト・ワイヤーでブレーキ・パイプを

追加、牽引用のアイ(穴)をピンバイスで開口しましたshine

Img_1325  キャノピーは時間の都合sign02で筆塗りcoldsweats01

0.23mmのテグスを張って完成crownです。

Img_1326  ホントはタミヤのコルセアから転属してもらったパイロットを

載せるつもりpunchだったので、キャノピーは接着していませんbleah

Img_1332  まぁ、途中でサボらなきゃannoyもう少しマトモなモノが

出来たかもしれませんが、ココログに来てから初の飛行機完成fujiですgood

 ギリギリ間に合いましたが、3月のお題が未だ全然・・・happy02

ブーストを上げて、頑張りたいですhappy01

では、またpaper




|

« P-40 E ウォーホーク 製作レポート Vol. 6 | トップページ | F-84G  サンダージェット 製作レポート Vol.1 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

みずのさん今晩は!
完成おめでとございます〜
流石の完成度!!こりゃ実物を観に行かなきゃ〜

投稿: とこや | 2010年2月28日 (日) 23時10分

とこやさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!!
 久しぶりなんで、あちこち怪しい所が・・・(笑)。
3月のお題も飛行機(?)にして、ちょっと修行したいと
思ってます。またご指南よろしくです。

投稿: みずの | 2010年3月 1日 (月) 00時40分

完成おめでとうございます。このキットのデカールは大判且つ、破れやすいので一部破れたのは仕方ないと思います。なんか大きくて可愛い寅さん(←字が違いますね)で好感が持てます。

フライングタイガースのP-40Eも製作されてるのであれば繋がりで紹介しましょう。司令官のクレア・シェンノートンは有名ですが、この343戦闘航空郡はその息子であるジョン・シェンノートンが指揮官になっています。ちなみにジョン自身、第11飛行隊最後の戦果を挙げています。
6月4日にウムナック上空でP-40は2機を失ったものの、九九式艦爆を4機喪失させています(日本側損害)。
この戦いをクレアの親父さんが知って喜び、息子のいた部隊に「アリューシャンタイガース」と名付け、後日機首に虎さんが描かれたみたいです。だが虎さんを書いた後のP-40は空戦に遭遇せず撃墜は増やせなかったみたいですが…

確かにP-40は性能的には優れた戦闘機ではありませんが、アリューシャン列島、アフリカ・イタリア戦線、東部戦線、中国・ビルマ・インド戦線、そして太平洋戦線と実は世界中で活躍しているとんでもない名作です。ぶっちゃけ日本では雑魚扱いされてますが、戦争半ばから零戦や一式戦は大損害出して負けてます。

但し、F4Fみたいに和訳された本がないのでほとんど知られていない事実です…

模型お上手ですね、頑張ってください。

投稿: P-40ファン | 2010年4月15日 (木) 16時39分

P-40ファンさん、はじめまして。
とっても嬉しいコメントありがとうございます!!
 実はアリューシャン・タイガーを作るにあたって、資料になりそうな
写真を探したのですが、スピナーが白色(モノクロの明度の違いから)に
見える機体があったり、垂直尾翼のラインが違う機体とか、
当時のLIFE誌のカラー写真からのイメージを元に、色々悩みました(笑)。当時の事は解らないのですが、自分なりの考証も楽しい時間です。意外に”模型映え”しない、レベルの高いお題でしたが、
 単色機のいい勉強になりました(笑)。
 最近はA.F.V.主体、更新もワガママなブログですが、
今年はヒコーキものもある程度作っていく予定ですので、
 楽しいお話し、ご指導よろしくお願いしますね。

投稿: みずの | 2010年4月16日 (金) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« P-40 E ウォーホーク 製作レポート Vol. 6 | トップページ | F-84G  サンダージェット 製作レポート Vol.1 »