« M13/40 製作レポート Vol.2 | トップページ | M13/40 製作レポート Vol.4 »

2009年3月15日 (日)

M13/40 製作レポート Vol.3

こんばんはhappy01

モケ華tulipまであとわずか・・・

いよいよ塗装artに突入でガンス。

Img_1056  いつものようにタミヤの缶サフを

 吹いてから、裏面なんかもよく見えるんで、

 ガイアノーツのジャーマングレーを

車体下部に塗って、塗り忘れpunch予防です。

 イタリア戦車と言えば、サンド・カラーだと思いますが

今回は、ドイツのダークイエローまんまannoyで基本塗装ですcoldsweats01

もともと自分はかなり明るめsunの塗装なんで、

ダークイエローでも、かなり濃い色に見えて来ます。

って言う事で、

Img_1059  これまたガイアノーツの

 ダークイエロー(201)にちょいと

 ピュアホワイトを足したもので、

全面を塗装しましたhappy01。 忘れていましたが、フェンダーの

リブはエバーグリーンのプラ材を貼付けました。

一応それっぽくsign02出来たような気がします。

 今回は渋くjapanesetea単色で勝負しようと思っていましたが、

根生さんの迷彩塗装がカッコいいので、

同じくグリーンの迷彩塗装に挑戦ですsweat01

Img_1061  そんでもって出来たのが

 この状態でありますcoldsweats01

 

 typhoonその昔、友達のお兄さんが、すっごくプラモが

上手crownくて、いつもいろんな事を教えてもらいましたconfident

「イタリアの迷彩は細くて弱々しい」のだと・・・

そんな記憶もあって、細くてダサダサdashなパターンと

してみましたbleah

 塗ってる最中に、中学生の頃に作ったセモベンテの事を

思い出しましたsandclock。「そう言えば、こんな感じの塗装だったよな・・・」

あれから随分経ちますが、ぜんぜん成長してない感じですannoy

 まぁ、「みずの流イタリア迷彩」はこんなもんですcoldsweats01

デカールは勿論キットのものを流用なんで、

どこの部隊sign02かは、謎のままですsweat02

 次回は細部の塗り分けなんかをレポートします。

あと、お友達のMOPPUさんが、新たにブログを開設しましたfuji

すばらしい作品ringばかりなので、どしどしアクセスしてくださいね。

それでは、またpaper

|

« M13/40 製作レポート Vol.2 | トップページ | M13/40 製作レポート Vol.4 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M13/40 製作レポート Vol.2 | トップページ | M13/40 製作レポート Vol.4 »