« パンターF型 製作レポート Vol.7 | トップページ | パンターF型 製作レポート Vol.9 »

2008年9月23日 (火)

パンターF型 製作レポート Vol.8

こんにちはhappy01

今日からやっと塗装art塗装ですsweat01。大変嬉しい事に、

塗装を楽しみにしてるとのコメントを頂きましたhappy01

これもいつもの “みずの流” なんで、見てくださった方が

参考になるといいんですけど??bleah

Img_0849  まずは、サーフェイサーをさらっと吹きます。

 田宮製のものをいつも使ってますnote

今回はすべて組み付けているんで、

まずはキャタピラの塗装です。

キャタピラには、クレオスのNATOカラーのセットより、

テーア・シュバルツを使っています。いつもセットから無くなるのは

この色ですannoy。手持ちにない時は、タイヤ・ブラックcarにマホガニー

を少々、でもいいと思いますconfident。NATOブラックも、薄めていくと

ブラウンが入っている様に見えてきます。車両自体が、イエロー系の

色をメインに使っているんで、下回りにもブラウン系の色が

入った色をおいた方が、全体の統一感geminiが上がると思います。

Img_0851  お恥ずかしいですが、塗装中の絵ですcoldsweats01

 エアー・ブラシは、田宮のHG0.3mmが

唯一crownの道具です。

そろそろ新しいヤツnewが欲しいんですけどlovely。。

Img_0850  これがいつも使っている、ドイツ戦車色ですshine

 基本的にガイア・ノーツの塗料をベースに

調色しています。うすめ液には、リターダー入りのものを

使っています。ガイアのものは艶がよく出ますので、飛行機や

車、もしくはデカール貼りが多いsweat01ものに使うのが良いかと

思います。戦車にはクレオスのものを使ってますhappy01

|

« パンターF型 製作レポート Vol.7 | トップページ | パンターF型 製作レポート Vol.9 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンターF型 製作レポート Vol.7 | トップページ | パンターF型 製作レポート Vol.9 »