« パンターF型 製作レポート Vol.10 | トップページ | パンてターF型 製作レポート Vol.12 »

2008年9月26日 (金)

パンターF型 製作レポート Vol.11

こんばんはhappy01

迷彩を薄く塗って見ていたら、ブラウンの部分が

グリーンじゃないsign02・・・まっ、いいかって感じですbleah

なんとなく配色を決めてしまったんで、ちょっと箱絵とは

違った感じになっていますんで、ご勘弁をcoldsweats01

 昨日の作業に続いて、中を塗りつぶしてみましたart

Img_0874 昨日のような薄い塗装に陰やハイライトを書き込んで

仕上げる手法が、海外では結構流行っていますspa

 ボカシ幅が大きな迷彩で、一度試してみたいですconfident

ブラウンの部分にはオキサイド・レッドを足して、赤茶っぽく

ならない様にしてみました。これだとちょっとキツい感じが

しますwobbly。色の主張scissorsがありすぎngです。

Img_0877  そこで、ブラウンの部分にハイライトも兼ねて

 パターンの中を一段階明るい色で塗ってみました。

ちょっとやさしいheart01感じになりましたが、彩度は犠牲dash

なってます。同様にグリーンのほうも塗ってみます。

Img_0879  だんだんいつもの感じになってきましたsweat01。。

 パンターやキングタイガーの様な平面が

多い車体にベタ塗りのままだと間が保たないpunchんで、

迷彩色に陰やハイライトを入れると感じが良くなると思います。

Img_0880  とりあえず、迷彩はここまでですcoldsweats01

 これからキャタピラの塗り残しや、

装備品の金属部分の基本色も、

NATOブラックで塗ってしまいます。

一般的には後で塗る方法が多いと思いますが、

なるべくこの時点で塗ってしまってから、

艶を統一させた方が、まとまりが良いshineのでは?と

思っていますconfident。汚れる時は全部一緒のはずですから・・・。

という事で、次回は細かな塗り分けbearingとなります。

つや消しにも缶スプレーなんで、早く天気rainが良くなって

湿度がさがって欲しいです。

ここでミスannoyってしまうと、冬期迷彩snowみたいになりますcoldsweats02

|

« パンターF型 製作レポート Vol.10 | トップページ | パンてターF型 製作レポート Vol.12 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんばんはhirozです。
一枚目から二枚目の写真の変化に「み式」塗装術の真髄を見たり!といところです。しかし、正確な筆運び、いや、ブラシ運びです。ボケ足が短くて色の境目がはっきりしています。私は1枚目の写真が限界と思います。みずのさんのエアブラシの正確さはここを読まれている人みんな感じているでしょうからね。その…タミヤのベーシックセットで塗られているのですよね。とても感心しています。
 油彩に関してはフィルタリングよりも一段濃いところに塗りたくる!ってのが私の使い方でして、やりすぎてミソカツ風味になってしまったのはマーダーⅢHでご存知の通りw履帯と転輪まわりによく使っていますよ。マットメディウムで作った泥にも使えるんですよね。バーントシェンナとアイボリーブラック、場所によってはイエローオーカーとカドミウムレッドを適宜混色します。油彩は混ぜ物なしの場合は基本的にツヤがでますから艶消し前に行うようにしています。

投稿: hiroz | 2008年9月26日 (金) 22時14分

hirozさん、こんばんは(=゚ω゚)ノ 油彩の情報、ありがとうございます o(_ _)o 。
未だ、チューブの蓋をあけてニオイを嗅いだだけ(笑)なんです。
これは塗装の練習用に単色モノでも作らんといかんですね。
情報を聞いて、わくわくしてきましたぞ!
 細かな迷彩パターンを塗る時は
もちろん修正も多いです。塗料を、いつも吹いてるものの倍ぐらいに
薄めてふわっと修正をかけると、ぼけ足は短くする事ができますよ。
でも、シャビシャビなんで、左手で、アジャスターも持ちながら
ブブッときたらすぐモデルから離すようにしています(o^-^o) 。

投稿: みずの | 2008年9月26日 (金) 23時19分

丁寧な連続写真を見せていただけて感謝感激です。
エアブラシを使った迷彩のやり方がわかってありがたいです。
(かなり薄い塗料で塗るのですね!)
さて、ここまで見て思うのですが
みずのさんの作例のように、彩度の高い色(私には彩度が高く感じます)がこのあと、どのようにして落ち着いた色に変わっていくのかが、いつも不思議でなりません。
みなさん突然、彩度の低い色に変わっていかれるのですが
ウォッシングかなにかで変化させていらっしゃるのでしょうか???
今後、作業の順番も含めて
興味津々です!

投稿: 宮崎 | 2008年9月27日 (土) 20時30分

宮崎さん、こんばんは。
白を大量に混ぜてるので、明度が上がって派手にみえますが、
彩度は見た目より落ちていますよ。
この塗装法はどれだけ見た目に我慢出来るかに
かかっています(笑)。
このオモチャっぽさがたまりませんね。
暗くしたいときは暗い色をおけば簡単に暗くなります。
でも、明るくするのはとっても難しいですよ。

投稿: みずの | 2008年9月27日 (土) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンターF型 製作レポート Vol.10 | トップページ | パンてターF型 製作レポート Vol.12 »