« パンターF型 製作レポート Vol.1 | トップページ | パンターF型 製作レポート Vol.3 »

2008年8月30日 (土)

パンターF型 製作レポート  Vol.2

こんばんはhappy01

今日はちょっと地味japaneseteaな作業です・・・。

 パンターF型のキット、非常に良く出来たshineキットですが、

少しだけ手を加えてみますcoldsweats01

Img_0825  車体前面の装甲板の断面と溶接跡を強調してみますconfident

 この部分は金型も鈍角な形状で、抜き方向の都合も

ある為、どうしてもモールドが甘くなってannoyしまいます。

元々、溶接跡も奇麗なパンターですが、ノミを使ってキットのモールドを

削り取って、タミヤ・パテにて溶接跡を付け直してみますnote

 エポキシパテのほうが良さそうcoldsweats02ですが、いつもこのやり方ですdash

Img_0828  まぁ、こんな感じです。

 乾燥後sunに軽くペーパーをあててやれば、

パンターの溶接跡っぽくなると思いますcoldsweats01

車体側面後部の接合部分も同様に加工しましたbleah

 ついでに鋳造製の部品にテクスチャー表現として、タミヤの溶きパテを

瓶ナマで、古くなった筆にとって叩く様にして塗り付けます。

Img_0826  これも荒すぎるpunch所はペーパーを当ててやれば、

ドイツっぽい鋳造肌searchっぽくなると思います。余談ですが、

クレオスの溶きパテ500は、

ロシア戦車に最適goodだと思いますgawk

次回は砲塔lovelyなんかも同様に加工して見ようと思います。

ちょっとの間、地味wrenchな作業が続きますがお付き合い下さいねcoldsweats01

|

« パンターF型 製作レポート Vol.1 | トップページ | パンターF型 製作レポート Vol.3 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

みずのさん、こんばんは。

今度はパンターFですね。
確か師団本部で伺ったと思いますが、
またまた みずのワールド 炸裂ですね。
これはまた進捗状況を拝見するのが楽しみです。
もちろん完成された姿も!!

それにつけても気になるのが、
一番上の画像の右端に写っている工具‥‥
ノミというか彫刻刀というか、
みずの工廠謹製ってやつでしょうか?

投稿: なごやん | 2008年8月31日 (日) 19時50分

なごやんさん、こんばんは。最初は素組みで行こうと思ってたんですけど、禁断?のディテール・アップを始めちゃいました(爆)。
まぁ、大した事はできませんが・・・(笑)。
自分なりに気になる所を、ちょこちょこっとやって行こうと思ってますので、お付き合い下さい。
ご質問のノミは、自家製です。市販の鉄工ヤスリを研ぎ出し・研磨したものです。
ヤスリ自体に焼き入れされているんで、最初からかなりの硬度があります。加工する時の
熱で鈍らない様にしないといけませんが、プラなら一生使ってもへたらないものです。
こんな工具、メーカーさんから出してほしいですよね。

投稿: みずの | 2008年8月31日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンターF型 製作レポート Vol.1 | トップページ | パンターF型 製作レポート Vol.3 »